書誌事項

テーマ篇

小林和幸編

(ちくま新書, 1318 . 明治史講義||メイジシ コウギ)

筑摩書房, 2018.3

タイトル読み

テーマヘン

大学図書館所蔵 件 / 156

内容説明・目次

内容説明

幕末・維新期を例外として、明治史について、一般向けに専門研究が紹介されることは多くない。だが、学界においては、明治時代全般にわたる研究が近年も着実に進められている。そこで、信頼できる研究を積み重ねる若手・中堅の実証史家の知を結集。二〇のテーマで明治史研究の論点を提示し、旧態依然とした過去の歴史観に縛られず、また実証性のない偏った見方にも左右されない、歴史研究の確かな最前線を提示する。

目次

  • 開国と尊王攘夷運動—国是の模索
  • 幕末雄藩と公議政体論—「公議」の運動からみる幕末政治
  • 王政復古と維新政府—せめぎあう維新官僚と諸藩
  • 廃藩置県・秩禄処分—分権から集権へ
  • 陸海軍の創設—徴兵制の選択と統帥権の独立
  • 明治前期の国家と神社・宗教—神社が宗教でなかったのはなぜか
  • 万国公法と台湾出兵—新しい国際秩序への一階梯
  • 自由民権運動と藩閥政府—板垣遭難と民権運動の展開
  • 西南戦争と新技術—海軍・汽船・熊本城籠城
  • 明治一四年の政変—大隈重信はなぜ追放されたか〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB25710765
  • ISBN
    • 9784480071316
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    366p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ