100年後の世界 : SF映画から考えるテクノロジーと社会の未来

書誌事項

100年後の世界 : SF映画から考えるテクノロジーと社会の未来

鈴木貴之著

(DOJIN選書, 76)

化学同人, 2018.5

タイトル別名

100年後の世界 : SF映画から考えるテクノロジーと社会の未来

タイトル読み

100ネンゴ ノ セカイ : SF エイガ カラ カンガエル テクノロジー ト シャカイ ノ ミライ

大学図書館所蔵 件 / 191

内容説明・目次

内容説明

テクノロジーの進歩は、社会に大きな変化をもたらす。私たちは、現在のテクノロジー、そしてまだ見ぬテクノロジーとどう付き合っていけばよいのだろうか。本書では、生殖医療、遺伝子操作、サイボーグ、不老長寿、人工知能、仮想現実などを取り上げ、それぞれのテクノロジーの現状を整理し、『ガタカ』『ロボコップ』『マトリックス』といったSF映画も参照しながら、テクノロジーと社会の関係を予測する。気鋭の哲学者による刺激的論考!

目次

  • なぜテクノロジーの未来を考えるのか
  • 子供をつくる—『ジュニア』で考える生殖テクノロジー
  • よりよい子供をつくる—『ガタカ』で考える遺伝子テクノロジー
  • 生命を創造する—『ジュラシック・パーク』で考えるバイオテクノロジー
  • 薬で頭をよくする—『アルジャーノンに花束を』で考える能力増強テクノロジー
  • 身体を改造する—『ロボコップ』で考えるサイボーグ・テクノロジー
  • 長く生きる—『永遠に美しく…』で考える不老長寿テクノロジー
  • 考える機械をつくる—『2001年宇宙の旅』で考える人工知能
  • 働く機械をつくる—『ターミネーター』で考えるロボット・テクノロジー
  • データを分析する—『マイノリティ・リポート』で考える情報テクノロジー〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ