宣教のヨーロッパ : 大航海時代のイエズス会と托鉢修道会

書誌事項

宣教のヨーロッパ : 大航海時代のイエズス会と托鉢修道会

佐藤彰一著

(中公新書, 2516)

中央公論新社, 2018.11

タイトル読み

センキョウ ノ ヨーロッパ : ダイコウカイ ジダイ ノ イエズスカイ ト タクハツ シュウドウカイ

大学図書館所蔵 件 / 261

注記

参考文献: p238-241

内容説明・目次

内容説明

世界各地に充満してゆくキリスト教精神の内実。ルターに端を発する十六世紀ヨーロッパの宗教的動揺は、イエズス会というまったく新しい組織を生んだ。霊操と教育を重視し、異教徒への宣教を実践するイエズス会は、ポルトガル・スペインの植民地開拓と軌を一にして、新大陸やアジアへと進出した。かれらの思想や布教方法はどのようなものだったか。いかなる経済的基盤に支えられていたのか。現地社会に与えた影響や「キリスト教の世界化」のプロセスを詳細に検証する。イグナティウス・デ・ロヨラ、モンテコルヴィーノ、ザビエル…大海原を越え、異境へ赴いた修道士たちの思想と足跡。

目次

  • 第1章 燃えさかる宗教改革の火の手
  • 第2章 カトリック改革とトレント公会議
  • 第3章 イエズス会の誕生と成長
  • 第4章 托鉢修道会の動き—フランチェスコ会とドミニコ会
  • 第5章 イエズス会のアジア進出
  • 第6章 新大陸のキリスト教化
  • 第7章 イエズス会の日本宣教
  • 第8章 日本宣教の構造
  • 第9章 キリスト教の世界化

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ