書誌事項

図説十字軍

櫻井康人著

(ふくろうの本)

河出書房新社, 2019.2

タイトル別名

十字軍 : 図説

タイトル読み

ズセツ ジュウジグン

大学図書館所蔵 件 / 81

注記

十字軍関連年表: p134-137

主要参考文献・図版出典文献: p138-139

内容説明・目次

内容説明

すべては贖罪であった。約700年にわたってヨーロッパ・アジア世界を揺るがし、キリスト教とイスラームの軋轢の原点ともされる、世界史上最大級の軍事行動。それは聖戦か、侵略か—新たな研究成果を踏まえ、従来の十字軍観をくつがえす決定版。

目次

  • プロローグ 「十字軍」とは何であったのか?
  • 第1部 クレルモン教会会議への道のり(批判される「ピレンヌ・テーゼ」—「マホメットなくしてシャルルマーニュなし」;「キリストの騎士」の誕生)
  • 第2部 盛期十字軍の時代(第一回十字軍;第二・三回十字軍とエルサレム王国;報復の連鎖—一三世紀)
  • 第3部 後期十字軍の時代(東方・地中海での覇権争い;混乱するヨーロッパ世界;十字軍の終焉)
  • エピローグ 盛期十字軍の歴史化と二つの十字軍観

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB27783158
  • ISBN
    • 9784309762784
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    139p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ