シンクタンクとは何か : 政策起業力の時代

書誌事項

シンクタンクとは何か : 政策起業力の時代

船橋洋一著

(中公新書, 2532)

中央公論新社, 2019.3

タイトル別名

シンクタンクとは何か : 政策起業力の時代

タイトル読み

シンクタンク トワ ナニカ : セイサク キギョウリョク ノ ジダイ

大学図書館所蔵 件 / 271

注記

主要参考文献・資料: p283-294

内容説明・目次

内容説明

世界大戦や恐慌など、歴史上の危機から生まれたシンクタンク。革新的なアイデアをもとに政策を提言し、社会を動かしてきた。ポピュリズムの台頭や中国とロシアが仕掛ける「情報戦争」に直面する今、シンクタンクの「政策起業家」たちはどう応えるのか。「シンクタンク小国」日本の課題は何か。米国の現場を知り尽くし、現在は自らシンクタンクを率いるジャーナリストが、実体験を踏まえ、国際政治の最前線を描く。

目次

  • 第1章 時代がシンクタンクをつくり、シンクタンクが時代をつくる
  • 第2章 米国シンクタンクの政策起業力
  • 第3章 ポピュリズムの時代に
  • 第4章 進化と多様化
  • 第5章 中国とロシアのシャープ・パワー
  • 第6章 政策起業家たちの素顔
  • 第7章 日本の課題—公共と公共政策を政府と民間でともにつくる

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ