死の所有 : 死刑・殺人・動物利用に向きあう哲学

書誌事項

死の所有 : 死刑・殺人・動物利用に向きあう哲学

一ノ瀬正樹著

東京大学出版会, 2019.5

増補新装版

タイトル別名

Ownership of death : a philosophy towards the death penalty, homicide, and the use of animals

死の所有 : 死刑殺人動物利用に向きあう哲学

タイトル読み

シ ノ ショユウ : シケイ・サツジン・ドウブツ リヨウ ニ ムキアウ テツガク

大学図書館所蔵 件 / 145

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

参考文献: 巻末p10-17

内容説明・目次

内容説明

死の倫理的問題に潜む虚構とは?死刑、安楽死、脳死、殺人、戦争、動物利用—「人格」「所有」という近代的概念が可能にしている“死をめぐる思考”を問い直し、社会制度や宗教文化をふまえた、私たちの死生観の深層を探る。現代の課題に挑む哲学書。

目次

  • 序章 「涙の哲学」に向けて—「死」の誕生
  • 第1章 死刑不可能論—死刑存廃論に潜む倒錯
  • 第2章 「死ぬ権利」の欺瞞—安楽死の陥穽
  • 第3章 生命倫理と死ぬ主体—胎児、代理母、クローン、そして死にゆく人
  • 第4章 殺人者の人格性—虚構なのか適応なのか
  • 第5章 殺された人の非存在性—「害グラデーション説」の試み
  • 第6章 戦争という法外な殺戮—戦争をめぐる事実と規範
  • 第7章 動物たちの叫び—動物実験と肉食の彼方
  • 終章 死に基づく認識論—生と死を貫く同一性
  • 補章 死の害についての「対称性議論」—「害グラデーション説」から「因果連続モデル」へ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28285440
  • ISBN
    • 9784130101424
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xxvi, 416, 17p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ