山県有朋 : 明治日本の象徴

書誌事項

山県有朋 : 明治日本の象徴

岡義武著

(岩波文庫, 青N(38)-126-4)

岩波書店, 2019.9

タイトル読み

ヤマガタ アリトモ : メイジ ニホン ノ ショウチョウ

大学図書館所蔵 件 / 226

注記

初出: 『山県有朋 -- 明治日本の象徴』(岩波新書, 1958年5月刊)

底本: 岡義武著作集第5巻(岩波書店, 1993年2月刊)

参考文献: p253-255

背のシリーズ番号: 青N126-4

内容説明・目次

内容説明

「彼の一生を語ることは、明治・大正史を語ることである」。痩躯鶴のようなこの人物、元老・山県有朋は、広く張りめぐらせた自らの派閥を背景に政界に君臨しつづけ、内閣を製造しては倒壊させた。烈しい権力意志に貫かれた政治家の生涯を、明治・大正期の日本国家の軌跡とともに端正な筆致で描き切った評伝の傑作。

目次

  • 1 生い立ち
  • 2 奇兵隊とともに
  • 3 「一介の武弁」
  • 4 組閣
  • 5 日清戦争と第二次内閣
  • 6 「元老政治」の中で
  • 7 築かれた権力の座から
  • 8 老い行く権力者の喜憂
  • 9 晩年とその死

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28881582
  • ISBN
    • 9784003812648
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    282p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ