書誌事項

人口政策の比較史 : せめぎあう家族と行政

小島宏, 廣嶋清志編著

(家族研究の最前線 / 比較家族史学会監修, 4)

日本経済評論社, 2019.9

タイトル読み

ジンコウ セイサク ノ ヒカクシ : セメギアウ カゾク ト ギョウセイ

大学図書館所蔵 件 / 154

注記

主要参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

人口抑制政策、少子化対策、優生政策、家族計画、母子保健、ジェンダー政策—。人口変動に影響を与える政策を実施する政府・行政と変容する家族の、日本、東アジア、西欧の比較史。

目次

  • 人口・家族政策の概念、分析枠組、比較史
  • 近世東北の人口政策
  • 近世西南の人口変動と子ども—子返し(嬰児殺し)と捨子・その背景と施策
  • 戦前の人口政策—量と質への関心
  • 戦時の人口政策
  • 占領下の「人口政策」—優生保護法の中絶条項を中心に
  • 戦後本土の「人口政策」
  • 戦後沖縄の「人口政策」
  • 近年における「人口政策」—一九九〇年代以降の少子化対策の展開
  • 韓国・台湾の人口政策
  • フランスの人口政策—一九三〇年代に本格化した家族政策
  • 中国の人口政策—計画出産化の農村幹部と女性
  • 戦後日本の人口政策の変遷

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ