書誌事項

いま死の意味とは

トニー・ウォルター著 ; 堀江宗正訳

岩波書店, 2020.4

タイトル別名

What death means now : thinking critically about dying and grieving

タイトル読み

イマ シ ノ イミ トワ

大学図書館所蔵 件 / 122

注記

参照文献: 巻末p9-24

内容説明・目次

内容説明

いま、死と死にゆくこと、悲嘆、死者と生者の関係はどのように変容しつつあるのか。「死の社会学」の第一人者が、近代的な個人の自律という理想や共同体との関係、専門家の役割、葬儀、遺体の扱い、服喪、さらにSNSとAIの時代の「拡散する死」のゆくえを批判的に考察する。「死」について、身近な問題から深く考えるために最適な入門書。

目次

  • イントロダクション
  • 第1章 何が問題なのか?
  • 第2章 話すのは良いこと?
  • 第3章 もっと良い死に方?
  • 第4章 専門家は何が得意なのか?
  • 第5章 なぜ葬儀をおこなうのか?
  • 第6章 どう遺体処理するか?
  • 第7章 どう喪に服すか?
  • 第8章 距離とデジタル—どうつながる?
  • 第9章 拡散する死

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB30172378
  • ISBN
    • 9784000614023
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 178, 25p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ