書誌事項

人生行動科学としての思春期学

笠井清登 [ほか] 編

東京大学出版会, 2020.9

タイトル別名

Science for adolescence : values-based determinants of your life course

思春期学 : 人生行動科学としての

タイトル読み

ジンセイ コウドウ カガク トシテノ シシュンキガク

大学図書館所蔵 件 / 160

注記

その他のタイトルは標題紙裏による

その他の編者: 岡ノ谷一夫, 能智正博, 福田正人

参考文献: 各章末

索引あり

内容説明・目次

内容説明

主体性や価値に着目した支援とは—。AYA(思春期・若年成人期)の人生における意味やこの時期のケアが回復にもたらす影響を問う。

目次

  • 1 私たちはどう生きるかを脳・生活・人生から考える(人生行動科学—思春期/AYA世代に培う主体性;生活史戦略から考える人生 ほか)
  • 2 AYA世代の健康と発達を調べる(思春期保健への国際的取り組み;世界の出生コホート研究と東京ティーンコホート ほか)
  • 3 精神的・身体的不調からの回復を支援する(人とのかかわりを通じて—発達障害と精神療法;ことばと内省にもとづいて—精神分析的心理療法 ほか)
  • 4 AYAの人生行動を支援する(学校場面での心理発達と支援;AYA世代と居場所 ほか)
  • 5 生活の中で人生行動科学を体験する(精神障害の子どもの親の立場から;医療を必要とする子どもの家族の立場から ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC02845398
  • ISBN
    • 9784130111485
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 325p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ