書誌事項

生き方について哲学は何が言えるか

バーナド・ウィリアムズ著 ; 森際康友, 下川潔訳

(ちくま学芸文庫, [ウ27-1])

筑摩書房, 2020.11

タイトル別名

生き方について哲学は何が言えるか

Ethics and the limits of philosophy

タイトル読み

イキカタ ニツイテ テツガク ワ ナニ ガ イエルカ

大学図書館所蔵 件 / 101

注記

産業図書 1993年8月刊の文庫化

原書 (London : Fontana Press/Collins and Cambridge, Mass. : Harvard University Press, 1985) の全訳

シリーズ番号はブックジャケットによる

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

生き方について哲学がどれほどの道しるべとなりうるかを考察した名著。近代の論証的合理性がわれわれの倫理的思考を損なっているという認識に立ち、道徳哲学の現状が議論される。「人はいかに生きるべきか」。ソクラテスのこの問いかけは、現代世界ではおよそ共通の答をもちえない。生き方についての確信は、知識による確実性や特定の信条への決断ではなく、“自信”の問題として捉えるべきだと著者は説く—。古代ギリシャにおける哲学的思惟の豊かさを再発見し、純粋な理論と先入見に満ちた実践へと分裂した倫理に統合の展望を与える。

目次

  • 第1章 ソクラテスの問
  • 第2章 アルキメデスの支点
  • 第3章 基礎づけの試み—幸福
  • 第4章 基礎づけの試み—実践理性
  • 第5章 倫理学理論のスタイル
  • 第6章 理論と偏見
  • 第7章 言語論的転回
  • 第8章 知識、科学、収斂
  • 第9章 相対主義と反省
  • 第10章 道徳、この特異な制度

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC03760756
  • ISBN
    • 9784480097910
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    478p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ