臨床倫理の考え方と実践 : 医療・ケアチームのための事例検討法

書誌事項

臨床倫理の考え方と実践 : 医療・ケアチームのための事例検討法

清水哲郎, 会田薫子, 田代志門編

東京大学出版会, 2022.1

タイトル別名

Theory and practice of clinical ethics : conference method for medical and care team

臨床倫理の考え方と実践 : 医療ケアチームのための事例検討法

タイトル読み

リンショウ リンリ ノ カンガエカタ ト ジッセン : イリョウ ケア チーム ノ タメ ノ ジレイ ケントウホウ

大学図書館所蔵 件 / 134

この図書・雑誌をさがす

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

文献あり

内容説明・目次

内容説明

ひとりひとりの患者や利用者に寄り添い、その意思を尊重し最善の医療・ケアをおこなうため、多職種からなる医療・ケアチームの丁寧なチーム・カンファレンスが重要となる。臨床倫理の基礎および事例を検討するメソッドや注意すべき点をわかりやすく解説し、豊富な実践ケースを収録。東京大学・東北大学ほかの研究者による臨床倫理プロジェクトが各地の医療・ケア従事者の共同で長年取り組んできた成果をまとめた、臨床現場の倫理問題に向き合う専門職のための決定版テキスト。

目次

  • 1 概説編(臨床倫理の基礎;臨床倫理事例検討の進め方)
  • 2 実践編(モデル事例を使った検討の実際例;医師が推奨できない治療を患者・家族が望むとき;患者・家族が生存期間の延長を望まないとき・拒否するとき;意向/価値観等が対立するとき ほか)
  • 3 アドバンスト編(本人の意思を尊重するということ—「自律」・「自己決定」再考;臨床におけるケアの倫理—「混沌の語り」から考える;臨床の倫理原則における“尊厳”の位置;厚生労働省「人生の最終段階ガイドライン」と“情報共有—合意モデル” ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC12652834
  • ISBN
    • 9784130624237
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xii, 164p
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ