中国哲学史 : 諸子百家から朱子学、現代の新儒家まで

書誌事項

中国哲学史 : 諸子百家から朱子学、現代の新儒家まで

中島隆博著

(中公新書, 2686)

中央公論新社, 2022.2

タイトル別名

中国哲学史 : 諸子百家から朱子学現代の新儒家まで

タイトル読み

チュウゴク テツガクシ : ショシ ヒャッカ カラ シュシガク、ゲンダイ ノ シンジュカ マデ

大学図書館所蔵 件 / 277

注記

参考文献: p347-355

中国哲学史関連年表: p356-359

人名索引: p360-363

内容説明・目次

内容説明

春秋戦国時代に現れた孔子や老子ら諸子百家に始まり、朱子学と陽明学に結実したのち、西洋近代と対峙するなかで現代の儒教復興に至る中国哲学。群雄割拠から統一帝国へ、仏教伝来、キリスト教宣教、そして革命とナショナリズム。社会変動期に紡がれた思想は中国社会の根幹を形づくった。本書は中国3000年の叡智を丹念に読み解き、西洋を含めた世界史の視座から、より深い理解へと読者をいざなう。新しい哲学史への招待。

目次

  • 中国哲学史の起源
  • 孔子—異様な異邦人
  • 正しさとは何か
  • 孟子、筍子、荘子—変化の哲学
  • 礼とは何か
  • 『老子』『韓非子』『淮南子』—政治哲学とユートピア
  • 董仲舒、王充—帝国の哲学
  • 王弼、郭象—無の形而上学
  • 仏教との対決—パラダイムシフト1
  • 『詩経』から『文心雕龍』へ—文の哲学〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ