民主主義に未来はあるのか?

書誌事項

民主主義に未来はあるのか?

山崎望編

(サピエンティア, 65)

法政大学出版局, 2022.7

タイトル別名

Can democracy survive?

タイトル読み

ミンシュ シュギ ニ ミライ ワ アル ノカ

大学図書館所蔵 件 / 120

収録内容

  • 民主主義の危機をめぐる言説圏の系譜学 / 山崎望著
  • エリート主義的民主主義論の成立過程について / 早川誠著
  • 戦後日本の政治学と「二つの民主主義」 / 森政稔著
  • ポストナショナルな経済危機と民主主義 / 小川有美著
  • グローバル・ガバナンスにおける非国家主体の正統性と政治的CSR / 松尾隆佑著
  • 「民主主義の危機」を超える民主主義の未来 / 内田智著
  • 現代ドイツの右翼ポピュリズム / 板橋拓己著
  • 代表制民主主義の危機と戦闘的民主主義 / 大竹弘二著
  • アゴニズムを制度化する / 山本圭著
  • 自由民主主義とBLM/右派運動 / 山崎望著
  • 現代のアクティヴィズムにおいて「代表」は機能しているのか / 富永京子著

内容説明・目次

内容説明

民主主義は一つじゃない。ますますグローバル化する市場や激化する政治的対立に、従来と異なる構想を私たちは提示できるだろうか。最前線の政治研究者たちが、その多様なあり方を追究する。

目次

  • 序論 民主主義の危機をめぐる言説圏の系譜学
  • 第1部 自由民主主義の実像(エリート主義的民主主義論の成立過程について;戦後日本の政治学と「二つの民主主義」—一九六〇年代前半を中心に)
  • 第2部 自由民主主義の危機と代替構想(1)—形骸化をめぐって(ポストナショナルな経済危機と民主主義—ヨーロッパ政治の縮減・再生・拡散;グローバル・ガバナンスにおける非国家主体の正統性と政治的CSR;「民主主義の危機」を超える民主主義の未来)
  • 第3部 自由民主主義の危機と代替構想(2)—対立をめぐって(現代ドイツの右翼ポピュリズム—その歴史と世界観;代表制民主主義の危機と戦闘的民主主義;アゴニズムを制度化する—熟議/闘技論争の第二ラウンドのために)
  • 第4部 自由民主主義と代表をめぐるアポリア—政治/社会運動をめぐって(自由民主主義とBLM/右派運動—ベンヤミンの暴力論の視座から;現代のアクティヴィズムにおいて「代表」は機能しているのか—「代表」しているのは誰なのか、あるいは「代表」されないのは誰なのか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC15837676
  • ISBN
    • 9784588603655
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 306p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ