孫子 : 「兵法の真髄」を読む

書誌事項

孫子 : 「兵法の真髄」を読む

渡邉義浩著

(中公新書, 2728)

中央公論新社, 2022.11

タイトル別名

孫子 : 兵法の真髄を読む

タイトル読み

ソンシ : 「ヘイホウ ノ シンズイ」オ ヨム

大学図書館所蔵 件 / 245

注記

さらに深く知りたい人のために: p277-278

内容説明・目次

内容説明

二千年以上にわたり読み継がれてきた兵法と戦略の名著『孫子』。この古典を整理し、最も重要な注釈を付したのが三国志の英雄・曹操だ。本書は最初に、孫武と孫〓(そんひん)のどちらが著者かという成立の謎に挑む。そして曹操の解釈を踏まえて、合理性・先進性・実践性・普遍性という四つの特徴から読み解く。『孫子』が見抜いた、戦争や組織の本質は今の時代にどう生かせるか。巻末に『孫子』全十三篇の現代語訳を収録。

目次

  • 第1章 二人の孫子と二冊の『孫子』—孫武と孫〓
  • 第2章 曹操による十三篇の確立—孫武十三篇に注す
  • 第3章 戦いとは何か—兵なる者は詭道なり
  • 第4章 合理性—戦はずして廟算して勝つ
  • 第5章 先進性—三軍も気を奪ふ可し
  • 第6章 実践性—日に千金を費やす
  • 第7章 普遍性—君命に受けざる所有り
  • 終章 『孫子』の生かし方
  • 附章 『孫子』現代語訳

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC18501070
  • ISBN
    • 9784121027283
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 280p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ