書誌事項

史上最悪の介護保険改定?!

上野千鶴子, 樋口恵子編

(岩波ブックレット, No. 1079)

岩波書店, 2023.6

タイトル別名

史上最悪の介護保険改定

タイトル読み

シジョウ サイアク ノ カイゴ ホケン カイテイ

大学図書館所蔵 件 / 197

内容説明・目次

内容説明

自己負担が原則2割に?要介護1・2を介護保険からはずす?ケアプランが有料化?福祉用具が買い取りに?人手不足で低賃金の介護の現場をコロナ禍が襲い、苦闘が続くなかで示された「史上最悪」とも言える介護保険改定案を、ケアの専門家たちが徹底批判。2000年の制度開始以来、切り崩されてきた介護保険をこれ以上後退させないために必読の一冊。

目次

  • 第1部 史上最悪の介護保険改定?!―連続アクションでの発言から(自己負担が二割に?ケアプランの有料化?―ケアマネジャーの視点から考える;総合事業はどうなる?―介護保険の縮小再編をめぐる最大の争点;要介護1・2を総合事業に移していいのか;地域住民だのみの総合事業;暮らしを支える福祉用具;四対一基準で介護はますます働きにくくなる;特別養護老人ホームは命を守る場所;後回しにされ続けた在宅介護;訪問看護師は「地域のパシリ」;服薬をサポートするということ;介護保険改定をめぐる議論で見失われていること)
  • 第2部 私たちは怒ってます!―院内集会での発言から(人びとが連帯できる国に;二割負担では「デッドライン」を越えてしまう;もっと声を!;介護保険で地域経済を盛り上げる;介護は現場で起きている!;地域活動の人手も足りない;理想の介護が遠のく;生活援助は在宅介護の要;「史上最悪の介護保険改定を許さない!!」院内集会メッセージ;院内集会寸劇「ヘルパーはつらいよ」脚本)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ