書誌事項

大森貝塚

E. S. モース著 ; 近藤義郎, 佐原真編訳

(岩波文庫, 33-432-1)

岩波書店, 1983.1

タイトル別名

Shell mounds of Omori

タイトル読み

オオモリ カイズカ

大学図書館所蔵 件 / 208

注記

付・関連史料

『考古学研究』第24巻第3・4号(通巻第95・96合併号)(1977年)の中で訳出した報告書の翻訳の誤りを正し, 補訂し, これに関連史料8編を付けたもの

内容説明・目次

内容説明

明治10年6月、来日間もないモース(1838‐1925)は東京に向う汽車の窓から露出した貝殻層を目撃し、それが先史時代の遺跡であることをただちに看破した。日本考古学の第一歩というべき大森貝塚の発見である。その発掘報告書『大森貝塚』は、観察と実験に徹する科学精神をみごとに体現したものであって、今にわれわれを圧倒する。

目次

  • 大森貝塚の一般的特徴
  • 大森貝塚の特徴
  • 土器
  • 装身具
  • 土版
  • 角器・骨器
  • 石器
  • 動物遺体
  • 食人の風習
  • 扁平な脛骨
  • 大昔および現生の大森軟体動物相の比較
  • 図版解説

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN00353436
  • ISBN
    • 4003343212
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    219p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ