中世宮廷女性の日記 : 『とはずがたり』の世界

書誌事項

中世宮廷女性の日記 : 『とはずがたり』の世界

松本寧至著

(中公新書, 809)

中央公論社, 1986.7

タイトル読み

チュウセイ キュウテイ ジョセイ ノ ニッキ : 『トワズガタリ』 ノ セカイ

大学図書館所蔵 件 / 173

注記

参考文献:p232

内容説明・目次

内容説明

時代は鎌倉後期。皇位継承をめぐる暗闘の渦と澱みの間に、華麗に哀しく生きた後深草院二条がいた。移ろう後深草院に翻弄されながら、遂には懊悩と波瀾の生活を離脱し、仏道と和歌に自己を見出そうと旅立った女性の赤裸裸な告白に、中世宮廷の裏面と人間模様をみる。

目次

  • 第1章 王朝回帰の夢—『とはずがたり』の人々
  • 第2章 愛の遍歴—宮廷生活(その1)
  • 第3章 抗争渦巻くなかで—宮廷生活(その2)
  • 第4章 女西行の旅立ち—東国への旅
  • 第5章 果てしなき旅路—西国への旅

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN00469769
  • ISBN
    • 412100809X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 232p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ