書誌事項

グループワーク論 : ソーシャルワーク実践のために

大塚達雄, 硯川眞旬, 黒木保博編著

(minerva社会福祉基本図書, 1)

ミネルヴァ書房, 1986.5

タイトル別名

グループワーク論 : ソーシャルワーク実践のために

タイトル読み

グループ ワークロン : ソーシャル ワーク ジッセン ノ タメ ニ

大学図書館所蔵 件 / 234

注記

引用・参考文献: 各章末

参考文献: p285-294

内容説明・目次

内容説明

社会福祉の現場における実践は、集団という場を通して行われるのが一般的である。この意味で、グループワークを正しく理解し、学び、実践することが重要となってくる。そのための基本的文献の1つとして活用されることを願って本書は著されている。

目次

  • 第1章 ソーシャルワークにおけるグループワーク
  • 第2章 グループワークの生成と発展
  • 第3章 個人とグループの理解
  • 第4章 グループワークの援助媒体
  • 第5章 ソーシャルワーカーのグループ援助技術
  • 第6章 グループワークの援助過程とワーカー行動
  • 第7章 ソーシャルワーカーのグループ評価
  • 第8章 スーパービジョンとワーカー・トレーニング
  • 第9章 最近のソーシャルワーク理論

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ