書誌事項

漂海民

羽原又吉著

(岩波新書, 青-504, F74)

岩波書店, 1963.11

タイトル読み

ヒョウカイミン

大学図書館所蔵 件 / 219

注記

シリーズ番号表示: 第4刷 (2008年) には「F74」の表示あり

内容説明・目次

内容説明

本書は、親・子・孫すべて海に生まれ波にゆられながら、一生を船の上に送ってきた漂泊漁民をとりあげ、アジア各地の漂海民と比較しつつ、海に生き漁村を開いてきた彼らの足跡をたどる。漁業史・漁民史の一側面として興味深く、またアジア民俗史を考える上で、貴重なデータが盛りこまれている。

目次

  • 1 漂海民とはなにか
  • 2 漁業はいかに発達したか
  • 3 漁民の移動
  • 4 アマとその移動
  • 5 アマと家船との関係
  • 6 瀬戸内海の家船
  • 7 九州の家船(付、沖縄)
  • 8 南海の漂海民
  • 9 珠江の蛋民

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN00923636
  • ISBN
    • 4004150744
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 210p, 図版 [2] p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ