秩序・無秩序の世界 : イジング・モデルと相転移のはなし

書誌事項

秩序・無秩序の世界 : イジング・モデルと相転移のはなし

黒田耕嗣著

(Frontier science series / 大槻義彦, 森本雅樹編, 015)

丸善, 1987.6

タイトル読み

チツジョ ムチツジョ ノ セカイ : イジング モデル ト ソウテンイ ノ ハナシ

大学図書館所蔵 件 / 182

内容説明・目次

内容説明

物理学は、数学から何を学んできたか。数学は、物理学とともにどのように発展したか。これら二つの学問の関係こそ飛躍的に発展した現代物理学の背景を明らかにするものです。特に確率・統計の手法と物性物理学との関係はこのことをよく示しています。この本は、磁性体の相転移の問題を中心に、イジング・モデルと数学の関係をエレガントに説くことによって、物理の現象がいかに美しく数学的に解明できるかを解説しています。

目次

  • 1 選挙モデル
  • 2 格子気体のギブス分布
  • 3 ギブス分布と相転移
  • 4 イジング・モデル
  • 5 相転移の代数と確率論
  • 6 相分離現象と数学
  • 7 一般の格子スピン系の相転移

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN01084726
  • ISBN
    • 4621031783
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 154p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ