書誌事項

ロシヤ文学案内

金子幸彦著

(岩波文庫, 別冊-2, 別冊(35)-002-1)

岩波書店, 1961.10

タイトル読み

ロシヤ ブンガク アンナイ

大学図書館所蔵 件 / 198

内容説明・目次

内容説明

ロシア精神の形成とその土壌に芽生えた文学のルーツに光を当て、世界文学に大輪の花を咲かせるまでを明快に説き明かします。また、作家と作品を共感と情熱を込めて紹介し、激動にさらされた20世紀ロシア文学の全体像を通観しました。索引・年表付き。

目次

  • 第1章 ロシア文学のはじまり(文字文学以前;キエフ・ロシアの文学—10‐12世紀)
  • 第2章 ロシア文学の中心の拡散と移動(キエフ文学の継承と断絶—13‐14世紀;新しいロシアの形成と文学)
  • 第3章 18世紀(新旧要素の組み替え。ロシア文学の分水嶺—1701‐30;一つの文学体系の成立。個人の出現—1731‐60)
  • 第4章 19世紀(プーシキンの時代;ゴーゴリ ほか)
  • 第5章 20世紀(世紀末から10月革命まで;革命からネップ時代 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN01992689
  • ISBN
    • 4003500024
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    230, 19p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ