現実とその分身 : 錯覚にかんする試論

書誌事項

現実とその分身 : 錯覚にかんする試論

クレマン・ロセ [著] ; 金井裕訳

(叢書・ウニベルシタス, 278)

法政大学出版局, 1989.11

タイトル別名

Le réel et son double : essai sur l'illusion

タイトル読み

ゲンジツ ト ソノ ブンシン : サッカク ニ カンスル シロン

大学図書館所蔵 件 / 171

内容説明・目次

内容説明

人間が〈錯覚〉によって現実を二重化し、現実にかわる〈分身〉をつくりだす表象作用をギリシア悲劇、形而上学的哲学からロマン主義文学、精神分析学にわたる広大な文化空間において検討し、〈実在の哲学〉の立場から〈錯覚〉と〈分身〉の基本的江造を解明する。

目次

  • 1 神託の錯覚—事件とその分身
  • 2 形而上学的錯覚—世界とその分身
  • 3 心理学的錯覚—人間とその分身(「私とは他者である」;愚かさについて;分身の放棄と自己への回帰)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN03959006
  • ISBN
    • 4588002783
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    169p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ