書誌事項

ラ・ロシュフコー箴言集

[ラ・ロシュフコー著] ; 二宮フサ訳

(岩波文庫, 赤(32)-510-1)

岩波書店, 1989.12

タイトル別名

Réflexions ou Sentences et Maximes morales

ラロシュフコー箴言集

タイトル読み

ラ ロシュフコー シンゲンシュウ

大学図書館所蔵 件 / 263

注記

翻訳底本はJ. Truchet校訂(Garnier, 1983)

略年譜: p317-329

箴言照合表, 箴言索引: 巻末

著者の肖像あり

内容説明・目次

内容説明

「われわれの美徳は、ほとんどの場合、偽装した悪徳に過ぎない」—よく知られたこの一句が示すように、ラ・ロシュフコー(1613‐80)の箴言は、愛・友情・勇気などの美名の下にひそむ打算・自己愛という業を重い律動感のある1、2行の断言であばき、読者を挑発する。人間の真実を追求するフランス・モラリスト文学の最高峰。

目次

  • 箴言
  • 削除された箴言(M・S)
  • 没後刊行の箴言(M・P)
  • 考察1〜19
  • ラ・ロシュフコー自画像
  • レ枢機卿によるラ・ロシュフコー公の肖像

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ