宗教者ウィトゲンシュタイン

書誌事項

宗教者ウィトゲンシュタイン

星川啓慈著

法蔵館, 1990.3

タイトル読み

シュウキョウシャ ウィトゲンシュタイン

大学図書館所蔵 件 / 108

注記

ウィトゲンシュタイン略年譜: p183-190

ウィトゲンシュタインをさらに深く知るための読書案内: p191-193

内容説明・目次

内容説明

20世紀最大の哲学者ウィトゲンシュタインは,また神と宗教をめぐって生涯つきつめた思索を続けた。本書は、その倫理的潔癖さ、禁欲的で質素な生活を裏打ちする独特の宗教観が形成される過程を、彼自身の著作や周囲の親しい人々の証言を豊富に織り込んで浮き彫りにする。

目次

  • 第1章 ウィトゲンシュタインの生涯
  • 第2章 第1次大戦とトルストイとの出会い
  • 第3章 「語りえないもの」としての宗教
  • 第4章 ユダヤ人問題と同性愛をめぐって
  • 第5章 ウィトゲンシュタインの宗教観

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN04572577
  • ISBN
    • 4831871761
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    197p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ