書誌事項

フィヒテ-シェリング往復書簡

[フィヒテ, シェリング著] ; 座小田豊, 後藤嘉也訳

(叢書・ウニベルシタス, 295)

法政大学出版局, 1990.5

タイトル別名

Fichte-Schelling Briefwechsel

タイトル読み

フィヒテ シェリング オウフク ショカン

大学図書館所蔵 件 / 188

注記

解説: ワルター・シュルツ

内容説明・目次

内容説明

〈主観性〉の理解および〈絶対的なもの〉の認識可能性を主題として問い、18世紀末から19世紀初頭にかけて展開された。哲学史上比類のない意義をもった思索と論争のドキュメント。ドイツ観念論の,壮大かつ深遠な思想の構築現場が示される。ワルター・シュルツによる詳細な解説を付す。

目次

  • フィヒテとシェリングの往復書簡—まえがき
  • フィヒテとシェリングの哲学的展開の概要
  • フィヒテ‐シェリング往復書簡

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ