イタリア美術史 : 東洋から見た西洋美術の中心

書誌事項

イタリア美術史 : 東洋から見た西洋美術の中心

田中英道著

(岩崎美術選書)

岩崎美術社, 1990.8

タイトル読み

イタリア ビジュツシ : トウヨウ カラ ミタ セイヨウ ビジュツ ノ チュウシン

大学図書館所蔵 件 / 168

注記

文献:p611〜624

内容説明・目次

内容説明

日本人によるはじめてのイタリア美術の本格的な通史。

目次

  • 第1章 イタリア美術 以前
  • イタリア美術の胎動期
  • トレチェント(14世紀)新しい時代
  • クアトロチェント・前半(15世紀)(遠近法の時代;絵画の時代)
  • クアトロチェント(15世紀)北イタリア絵画
  • チンクェチェント(16世紀)(巨匠の登場;「メランコリスム」と「マニエリスム」)
  • セイチェント(17世紀)バロック美術の変遷
  • セッテチェント(18世紀)ヴェネツィアの光芒
  • 近代から現代へ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ