認知行動療法 : 心理療法の新しい展開

書誌事項

認知行動療法 : 心理療法の新しい展開

ドナルド・マイケンバウム著 ; 根建金男監訳

同朋舎出版, 1992.2

タイトル別名

Cognitive-behavior modification : an integrative approach

タイトル読み

ニンチ コウドウ リョウホウ : シンリ リョウホウ ノ アタラシイ テンカイ

大学図書館所蔵 件 / 112

注記

文献: p249〜279

内容説明・目次

内容説明

ストレス・心身症・ノイローゼ・分裂病・情緒障害臨床心理学に関心のある方へ。欧米の臨床心理学、カウンセリング心理学会に大きな影響を与えた、認知行動療法の理解のための必読書。

目次

  • 序論 研究の旅、そのはじまり
  • 第1章 自己教示訓練
  • 第2章 自己教示訓練の他の対象への臨床的適用3つの事例
  • 第3章 自己教示訓練の実施についての臨床的観察
  • 第4章 行動療法の技法における認知的要因
  • 第5章 ストレス免疫訓練
  • 第6章 認知的再体制化技法
  • 第7章 内的対話の特性—行動変容の理論的基礎
  • 第8章 行動変容の内知理論
  • 第9章 評定への認知行動変容アプローチ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN07228046
  • ISBN
    • 4810409945
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    295p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ