地球の最期 : 地球と人類を襲う宇宙的危機

書誌事項

地球の最期 : 地球と人類を襲う宇宙的危機

フランク・クローズ著 ; 久志本克己訳

(ブルーバックス, B-917)

講談社, 1992.5

タイトル別名

End

タイトル読み

チキュウ ノ サイゴ : チキュウ ト ジンルイ オ オソウ ウチュウテキ キキ

大学図書館所蔵 件 / 143

注記

End. の翻訳

内容説明・目次

内容説明

小惑星のかけらや彗星は周期的に落ちてくる。人類を減ぼすにはどのくらいの大きさで十分なのだろう。その確率は?太陽は惑星を引き連れ銀河系の中を回っている。宇宙のあらゆるところが今我々のいるところのように穏やかだとは限らない。太陽系が他の恒星に近づきすぎたら、地球は軌道をはずれて引っ張り込まれるかもしれない。近くで超新星爆発が起こったら、大気は吹き飛ばされてしまう。太陽はいつまで安定だろう。今すでに太陽に異常が生じているかもしれない兆候もある。世界の終わり方は一通りではない。

目次

  • 第1部 我々の隣近所
  • 第2部 最も近い恒星
  • 第3部 星々の銀河
  • 第4部 物質の本質

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN07629309
  • ISBN
    • 4061329170
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    335p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ