愛はなぜ終わるのか : 結婚・不倫・離婚の自然史

書誌事項

愛はなぜ終わるのか : 結婚・不倫・離婚の自然史

ヘレン・E・フィッシャー著 ; 吉田利子訳

草思社, 1993.5

タイトル別名

Anatomy of love : the natural history of monogamy, adultery, and divorce

愛はなぜ終わるのか : 結婚不倫離婚の自然史

タイトル読み

アイ ワ ナゼ オワルノカ : ケッコン フリン リコン ノ シゼンシ

大学図書館所蔵 件 / 329

注記

原著(W.W. Norton & Company Inc., New York, c1992)の翻訳. 原書にある註及び参考文献は割愛した

内容説明・目次

内容説明

愛は4年で終わるのが自然であり、不倫も、離婚・再婚をくりかえすことも、生物学的には自然だと説く衝撃の書。男と女のゆくえを占う全米ベストセラー。

目次

  • 1 求愛—ひとが演じるゲーム
  • 2 恋愛感情—「どうして彼なのかしら」「どうして彼女なのだろう」
  • 3 人間の絆—一夫一妻は自然なのか
  • 4 なぜ不倫か—浮気の本質
  • 5 4年めの浮気—離婚の青写真
  • 6 樹上で暮らした祖先たち—高貴なる野蛮人が森を駆けまわっていたころ
  • 7 エデンを離れて—一夫一妻と配偶者遺棄の源について
  • 8 エロス—性的感情の出現
  • 9 セイレーンの罠—ひとの性の進化
  • 10 なぜ男と女はちがうのか—ひとの性的な頭脳の発達
  • 11 ほとんど人類—血縁と10代の遺伝子
  • 12 意識が花開く—最初の豊かな社会
  • 13 気まぐれな情熱—太古のロマンス
  • 14 死がふたりを分かつまで—西欧の2重基準の誕生
  • 15 未来の性—過去に向かって

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN09185920
  • ISBN
    • 4794205082
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    309p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ