ハプスブルク家の女たち

書誌事項

ハプスブルク家の女たち

江村洋著

(講談社現代新書, 1151)

講談社, 1993.6

タイトル読み

ハプスブルクケ ノ オンナ タチ

大学図書館所蔵 件 / 204

内容説明・目次

内容説明

女帝の娘たちの歩んだ人生の明暗。貴賤結婚の苦難に耐えた大公妃たち。政治情勢にまで影響を与えた、皇帝をめぐる嫁姑の確執…。ハプスブルク帝国の歴史を彩る。

目次

  • 第1章 ブルゴーニュ公家との縁組—マクシミリアン一世妃マリア
  • 第2章 フィリップ美公の妻と妹—フアナとマルガレーテ
  • 第3章 ハプスブルク家の「貴賤結婚」—フェルディナント大公妃フィリッピーネ・ヴェルザーとヨーハン大公妃アンナ・プロッフル
  • 第4章 女帝の家族—マリア・テレジアとその嫁・娘たち
  • 第5章 フランツ帝の皇女の行方—マリー・ルイーズとレオポルディーネ
  • 第6章 バイエルンからの2人の花嫁—皇帝フランツ・ヨーゼフの母后ゾフィーと皇后エリーザベト
  • 第7章 命を賭けた「帝冠と結婚」—フランツ・フェルディナント大公妃ゾフィー・ホテク
  • 第8章 王朝最後の皇后—カール一世妃ツィタ・フォン・ブルボン・パルマ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ