書誌事項

ポスト・モダンのD.H.ロレンス

ピーター・ウィドーソン編著 ; 吉村宏一, 杉山泰ほか訳

(松柏社叢書, . 言語科学の冒険||ゲンゴ カガク ノ ボウケン ; 2)

松柏社, 1997.2

タイトル別名

D.H. Lawrence

ポストモダンのDHロレンス

タイトル読み

ポスト モダン ノ D H ロレンス

大学図書館所蔵 件 / 170

注記

追記・訳注参考文献一覧: p424-425

さらに読み進めたい人のために: p426-452

内容説明・目次

内容説明

新たなD.H.ロレンス像に迫る刺激的な試み!フーコー、デリダ、ド・マン、イーグルトンなどの理論を用いた瞠目すべきロレンスの再=読解を試みる。フェミニズム、マルクス主義からポスト構造主義まで、20世紀後半の様々な批評理論を具体的に実践。21世紀へ向け、文学の読み方への新たな指針を示す。

目次

  • 1 序説 ポスト・モダンのD.H.ロレンス
  • 2 テクストとイデオロギー
  • 3 D・H・ロレンスと階級
  • 4 リアリズムからイデオロギーへの移行
  • 5 精神分析
  • 6 性の政治学
  • 7 ロレンス、フェミニズム、戦争
  • 8 象徴としての父親そしてリーダーシップという理想
  • 9 ロレンスとフーコー、セクシュアリティの言語
  • 10 釘づけのまま歩み去るには—『恋する女たち』の読解について
  • 11 『恋する女たち』における無の力
  • 12 ロゴス中心主義に立ち向かうD・H・ロレンスのヴィジョン
  • 13 読みのコンテクスト—『虹』と『恋する女たち』の受容
  • 14 北方性とモダニズム

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ