物語フィリピンの歴史 : 「盗まれた楽園」と抵抗の500年

書誌事項

物語フィリピンの歴史 : 「盗まれた楽園」と抵抗の500年

鈴木静夫著

(中公新書, 1367)

中央公論社, 1997.6

タイトル別名

物語フィリピンの歴史 : 盗まれた楽園と抵抗の500年

フィリピンの歴史 : 物語

タイトル読み

モノガタリ フィリピン ノ レキシ : ヌスマレタ ラクエン ト テイコウ ノ 500ネン

大学図書館所蔵 件 / 300

注記

フィリピンの歴史・略年表: p298-307

参考文献: p309-318

内容説明・目次

内容説明

時代を越えてフィリピン史に通底しているのは、民族抵抗の精神である。それがフィリピン人意識として浮上してこなかったのは、政治と教会がそれを押しつぶし、覆いかくしてきたからである。これまでのフィリピン史はこの精神の連続した存在に十分な評価を与えてこなかった。スペインの武装宣教船団来航後の長い植民地時代を通じて、西欧と闘い続けたアジア唯一の戦闘的民族の軌跡に、本書は肯定的な光を当てるものである。

目次

  • フィリピンの歴史を遡上する
  • 盗まれた楽園
  • カトリック宣教と原住民
  • 全民族の抵抗運動へ
  • 中国系メスティーソの勃興と抵抗
  • フィリピン革命
  • アメリカのフィリピン占領
  • 「友愛的同化」の虚と実
  • 1930年代の民族主義の軌跡
  • 日本軍のフィリピン占領とエリートの“対日協力”〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ