書誌事項

歴史としての二〇世紀

加藤周一著 ; 鷲巣力編集

(加藤周一著作集 / 加藤周一著, 24)

平凡社, 1997.11

タイトル別名

歴史としての二十世紀

歴史としての二〇世紀

タイトル読み

レキシ トシテノ ニジュッセイキ

大学図書館所蔵 件 / 201

注記

著者の肖像あり

著者年譜: p367-[392]

内容説明・目次

内容説明

講演とブックレット、全14編。世界大戦・社会主義革命で幕をあけ、『Pax Americana』に終わるこの世紀の出来事は、いま、あらためて、検討と解釈の対象となる。ときにはヒューモアもまじえて語られた、思索の跡、体験の意味。

目次

  • 19世紀への三つの視点
  • 20世紀とはどういう時代か
  • ロマン・ロランの反戦思想とその歴史的意味
  • 戦後世代の戦争責任
  • ヒロシマ・ナガサキ50年
  • 戦後50年の意味するもの
  • 冷戦再考
  • 韓国紀行
  • 人権
  • 日本語を考える
  • 言葉のよい意味・悪い意味
  • 人間と都市
  • 大学と社会
  • 日本はどこへ行くのか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA33350329
  • ISBN
    • 9784582365245
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    391p, 図版 [1] 枚
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ