利己的なサル、他人を思いやるサル : モラルはなぜ生まれたのか

書誌事項

利己的なサル、他人を思いやるサル : モラルはなぜ生まれたのか

フランス・ドゥ・ヴァール著 ; 西田利貞, 藤井留美訳

草思社, 1998.1

タイトル別名

Good natured : the origins of right and wrong in humans and other animals

利己的なサル他人を思いやるサル : モラルはなぜ生まれたのか

タイトル読み

リコテキナ サル タニン オ オモイヤル サル : モラル ワ ナゼ ウマレタノカ

大学図書館所蔵 件 / 255

内容説明・目次

内容説明

日本の地獄谷温泉に棲むニホンザルの老メス「モズ」は生まれつき両手両足の先がない奇形ザルだが、仲間のサルたちは独りで生きられない彼女を助け、モズは子どもや孫に囲まれた豊かな一生を過ごしている。一方、チンパンジーに一匹だけこっそりエサの隠し場所を教えると、チンパンジーは仲間たちに巧みにうそをついて食べ物を独り占めする。人間もまた、一見エゴイストにみえて献身的だったり、お人好しのようでわがままだ。いったい、この二面性はどこから生じるのか?利己的なはずの動物に、モラルはなぜ生まれたのか?『政治をするサル』で一躍世界の注目をあびた霊長類学者が、豊富なエピソードと卓抜した分析力を駆使して道徳性の起源を探る。

目次

  • 第1章 モラルは進化するか
  • 第2章 他人の気持ちを知る
  • 第3章 罪と罰と恥
  • 第4章 目には目を
  • 第5章 情けは人のためならず
  • 第6章 結論サルのモラル、人間のモラル

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA34279616
  • ISBN
    • 4794207999
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    366p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ