徳川綱吉 (とくがわつなよし)

書誌事項

徳川綱吉 (とくがわつなよし)

塚本学著

(人物叢書 / 日本歴史学会編集, [通巻217])

吉川弘文館, 1998.2

  • : 新装版

タイトル別名

徳川綱吉

タイトル読み

トクガワ ツナヨシ

大学図書館所蔵 件 / 272

注記

略年譜: p298-307

主要参考文献: p308-310

内容説明・目次

内容説明

犬公方・綱吉は名君か暗君か、それとも単なる偏執狂だったのか。在世中以来、綱吉は政策と個人の嗜好とが同一視されてきた。取締と処罰の厳しさで怖れられた生類憐みの令、側用人柳沢吉保の寵用、儒学尊重などは、徳川政権のどんな矛盾を打開しようとした結果だったのか。毀誉褒貶の雑説にまみれた、日本史上、最も評価の分れる将軍の生涯を描く。

目次

  • 第1 将軍の子徳松
  • 第2 家門大名右馬頭綱吉
  • 第3 将軍綱吉の誕生
  • 第4 「天和の治」
  • 第5 教化政策から生類憐れみへ
  • 第6 生類憐れみの政治
  • 第7 儒仏と古典の政治
  • 第8 その他の諸政策
  • 第9 綱吉への批判
  • 第10 晩年と死
  • 第11 綱吉の評価

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 人物叢書

    日本歴史学会編集

    吉川弘文館 1985.6- 新装版

詳細情報

ページトップへ