肥満遺伝子 : 肥満のナゾが解けた!

書誌事項

肥満遺伝子 : 肥満のナゾが解けた!

蒲原聖可著

(ブルーバックス, B-1212)

講談社, 1998.4

タイトル読み

ヒマン イデンシ : ヒマン ノ ナゾ ガ トケタ

大学図書館所蔵 件 / 251

注記

参考文献: p261-266

内容説明・目次

内容説明

肥満のかげに、遺伝子とレプチンあり!人が太るのは、環境よりも何よりも肥満遺伝子が重要だ。脂肪の蓄積と食欲は、肥満遺伝子とレプチンがコントロールしている。分子生物学が明らかにした、この大発見を物語り、肥満のナゾと減量・薬物療法について、研究現場から報告する。

目次

  • 第1章 肥満は遺伝である
  • 第2章 肥満遺伝子の発見
  • 第3章 中枢性食欲調節機構の働き
  • 第4章 肥満に関係する遺伝子
  • 第5章 肥満の臨床
  • 第6章 ダイエット法について考える
  • 第7章 肥満の治療法

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA35384977
  • ISBN
    • 4062572125
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    266, 4p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ