近代世界の哲学 : ミュンツァーからライプニッツへ

書誌事項

近代世界の哲学 : ミュンツァーからライプニッツへ

フランソワ・シャトレ [編] ; 竹内良知監訳

(西洋哲学の知 / フランソワ・シャトレ [編], 3)

白水社, 1998.6

  • : 新装版

タイトル別名

La philosophie du monde nouveau

タイトル読み

キンダイ セカイ ノ テツガク : ミュンツァー カラ ライプニッツ エ

大学図書館所蔵 件 / 202

注記

シャトレ哲学史の新装版として、西洋哲学の知と改題して刊行

内容説明・目次

内容説明

宗教改革、宇宙観の転換、新しい自然観などを通じて、十六、七世紀の思想の特質を辿る。扱われる思想家は、ミュンツァー、クザーヌス、ブルーノ、ガリレイ、デカルト、ホッブズ、マルブランシュ、スピノザ、ライプニッツなど。

目次

  • 1 トーマス・ミュンツァー—新しい神観念と歴史の終末の問題
  • 2 新しい世界像—ニコラウス・クザーヌスからジョルダーノ・ブルーノまで
  • 3 ガリレイと新しい自然概念
  • 4 デカルト
  • 5 ホッブズ
  • 6 マルブランシュ
  • 7 スピノザあるいはガリレイ的政治哲学
  • 8 ライプニッツあるいは逆説的合理主義

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA36095319
  • ISBN
    • 4560023697
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    287, xxip
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ