書誌事項

美術の都

澤木四方吉著

(岩波文庫, 青(33)-510-1)

岩波書店, 1998.6

タイトル読み

ビジュツ ノ ミヤコ

大学図書館所蔵 件 / 234

注記

初出一覧: p399-400

底本:「美術の都」第2版(東光閣書店, 大正15年刊)

内容説明・目次

内容説明

大正初め、ヨーロッパに留学、古色蒼然たるヨーロッパに感動した沢木四方吉が、フィレンツェ、ミュンヘン、ローマ、パリなどの都市と美術について瑞々しい感性で記した紀行文集。西洋美術史研究の先駆者である著者のうけた感銘が行間からひしひしと伝わってくる。格好のイタリア美術案内。

目次

  • 「花の都」
  • イタリアの旅
  • ロオマの秋
  • 幼き目にて—渡欧匆々の絵画評
  • パリにて
  • 美術の都
  • 美術サロンを訪ねて—ゴオクの処女作およびその他の新画
  • カンディンスキイ是非
  • シュヴァアビングの人々
  • カンディンスキイという人
  • ミュンヘンの憶い出

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA36264493
  • ISBN
    • 4003351010
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    400p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ