書誌事項

君主論

マキアヴェッリ著 ; 河島英昭訳

(岩波文庫, 白(34)-003-1)

岩波書店, 1998.6

タイトル別名

Il principe

タイトル読み

クンシュロン

大学図書館所蔵 件 / 296

注記

参考文献: 巻末p1-3

シリーズ番号表示: 第5刷(2000年)の標題紙には「34-003-1」の表示あり

内容説明・目次

内容説明

ルネサンス期イタリアの政治的混乱を辛くも生きたマキアヴェッリは外交軍事の実経験と思索のすべてを傾けて、君主たるものが権力をいかに維持・伸長すべきかを説いた。人間と組織に切りこむその犀利な観察と分析は今日なお恐るべき有効性を保っている。カゼッラ版を基に諸本を参照し、厳しい原典批判をへた画期的な新訳。

目次

  • 君主政体にはどれほどの種類があるか、またどのようにして獲得されるか
  • 世襲の君主政体について
  • 複合の君主政体について
  • アレクサンドロスに征服されたダレイオス王国で、アレクサンドロスの死後にも、その後継者たちに対して反乱が起きなかったのは、なぜか
  • 征服される以前に、固有の法によって暮していた都市や君主政体を、どのようにして統治すべきか
  • 自己の軍備と力量で獲得した新しい君主政体について〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA36284093
  • ISBN
    • 4003400313
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ita
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    387, 3p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ