現代絵画入門 : 二十世紀美術をどう読み解くか

書誌事項

現代絵画入門 : 二十世紀美術をどう読み解くか

山梨俊夫著

(中公新書, 1458)

中央公論社, 1999.1

タイトル別名

現代絵画入門 : 二十世紀美術をどう読み解くか

タイトル読み

ゲンダイ カイガ ニュウモン : ニジッセイキ ビジュツ オ ドウ ヨミ トク カ

大学図書館所蔵 件 / 266

注記

引用文献一覧: p225-227

内容説明・目次

内容説明

現代絵画はむずかしいと言われる。なぜか。ひとえに、絵が外界を忠実に写すことをやめ、画家の欲望に従って絵画自体の要求に応えていくようになったからである。変貌を続ける現代の絵画も、その仕組みを知れば豊かに語りかけてくる。画家の欲望とは、絵画の要求とは何か。本書は、マティス、カンディンスキーらを経て、ロスコ、キーファーに至る多彩な作品をたどりつつ、四つの視点から絵画の根幹を解き明かそうとする試みである。

目次

  • 第1章 絵の変身—絵画の自立(ドラクロワとモンドリアンの落差;絵自身の登場 ほか)
  • 第2章 場としての美術—絵画の向こう(「地」から「場」へ;絵画の向こう ほか)
  • 第3章 イメージの崩壊と再生—リアリズムの変容(歪められる人間像;都市の生理—キルヒナー ほか)
  • 第4章 モダニズム絵画の論理(モダニズムの射程;絵画のモダニズム ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ