書誌事項

Lie群とLie環

小林俊行, 大島利雄著

(岩波講座現代数学の基礎 / 青本和彦 [ほか] 編, 12-13)

岩波書店, 1999.3

  • 1
  • 2

タイトル読み

Lieグン ト Lieカン

大学図書館所蔵 件 / 332

注記

2の著者: 小林俊行

奥付の叢書巻号表示: 17(第17回配本).

2刷(2001.6)の叢書巻号表示: 7(第10回配本)

1刷のISBN: 4000106473

参考文献: 2 p579-582

内容説明・目次

内容説明

本書の目的は、初学者を対象に、Lie群・Lie環やその表現論の基本的な考え方と手法を伝えることである。初刷出版後に見つかったいくつかの誤りのみを2刷で修正した。

目次

  • 位相群の表現
  • Fourier解析と表現論
  • 行列要素と不変測度
  • Peter‐Weylの定理
  • Lie群とLie環
  • Lie群と等質空間の構造
  • 古典群と種々の等質空間
  • ユニタリ群U(n)の表現論
  • 古典群の表現論
  • ファイバー束と群作用
  • 誘導表現と無限次元ユニタリ表現
  • Welyのユニタリ・トリック
  • Borel−Weil理論

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA40597853
  • ISBN
    • 4000110071
    • 4000110071
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ