出生前診断 : いのちの品質管理への警鐘

書誌事項

出生前診断 : いのちの品質管理への警鐘

佐藤孝道著

(有斐閣選書, [1634])

有斐閣, 1999.4

タイトル別名

出生前診断 : いのちの品質管理への警鐘

タイトル読み

シュッショウゼン シンダン : イノチ ノ ヒンシツ カンリ エノ ケイショウ

大学図書館所蔵 件 / 249

注記

文献: p219-229

内容説明・目次

内容説明

遺伝子とかクローン動物とか先端医療とかに関する記事が毎日の新聞をにぎわせている。動物実験でまだとても実用の段階に至らないものでも、人々はそれに夢をつなごうとしている。遺伝子(DNA)が人々の生活や価値観を変え、生きることの意味までが、それに支配される社会(遺伝子至上社会)がやってきているのではないか。出生前診断は、先天異常を発症しうる「欠陥のある」胎児を避け、発症しない「欠陥のない」胎児だけを選択しようとする技術である。この技術の普及の背景に、遺伝子至上社会があることをはたして否定できるだろうか。本書は、そのような「いのちの選択」に、産科医療の最先端から警鐘を鳴らすものである。

目次

  • 1 出生前診断の進歩
  • 2 何が問題か
  • 3 自己決定の条件とその限界
  • 4 優生保護法から母体保護法へ
  • 5 出生前診断と“新優生学”
  • 6 障害をもって生きる
  • 7 21世紀の出生診断に求められるもの
  • 付章 出生前診断—座談会

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ