自己組織化と進化の論理 : 宇宙を貫く複雑系の法則

書誌事項

自己組織化と進化の論理 : 宇宙を貫く複雑系の法則

スチュアート・カウフマン著 ; 米沢富美子監訳

日本経済新聞社, 1999.9

タイトル別名

At home in the universe : the search for laws of self-organization and complexity

タイトル読み

ジコ ソシキカ ト シンカ ノ ロンリ : ウチュウ オ ツラヌク フクザツケイ ノ ホウソク

大学図書館所蔵 件 / 373

注記

原著 (Oxford University Press, c1995) の翻訳

訳者: 米沢富美子, 森弘之, 五味壮平, 藤原進

内容説明・目次

内容説明

21世紀をひらく知の羅針盤!自己組織化の理論は、ダーウィンの自然淘汰説を超えた生物進化の秘密を明らかにし、技術の進化、経済理論、民主主義体制の合理的説明さえも可能にする。

目次

  • 宇宙に浮かぶわが家で—自己組織化と自然淘汰が生物世界の秩序を生んだ
  • 生命の起源—単純な確率論からいえば生命の誕生はありえなかった
  • 生じるべくして生じたもの—非平衡系で自己触媒作用をもつ分子の集団
  • 無償の秩序—自然に生じた自己組織化は進化する力ももっていた
  • 個体発生の神秘—一個の卵から生物体ができる「法則」は何か
  • ノアの箱舟—生物の多様性は臨界点の境界への進化から生まれた
  • 約束の地—分子の自己組織化を応用すれば新しい薬をつくることができる
  • 高地への冒険—生物や生物集団はより適した地位へと進化していく
  • 生物と人工物—技術や経済や社会もより適した地位をめざして進化する
  • 舞台でのひととき—生物集団は互いに影響し合って進化し、絶滅していく
  • 優秀さを求めて—民主主義の正当性も自己組織化の論理で説明が可能
  • 地球文明の出現—生態系・技術・経済・社会・宇宙を貫く自己組織化の論理

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA4328154X
  • ISBN
    • 4532147697
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    549p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ