書誌事項

中世を旅する人びと

阿部謹也著

(阿部謹也著作集 / 阿部謹也著, 第3巻)

筑摩書房, 2000.1

タイトル読み

チュウセイ オ タビ スル ヒトビト

大学図書館所蔵 件 / 239

注記

文献目録: p224-229

内容説明・目次

内容説明

旅に暮らす中世ヨーロッパではさまざまな階層の人々が街道を歩み去った。国王さえも旅に暮らした。当時の旅はどのようなものだったのか。旅する人々の生活を掘り起し、人と人との関係の変化を探る。書き下ろし論考「西欧中世における死生観と宇宙観の交錯」を連載。

目次

  • 中世を旅する人びと—ヨーロッパ庶民生活点描
  • わが著書を語る—中世を旅する人びと
  • ヨーロッパ中世の旅
  • ヨーロッパ文明をつくった「道」
  • 中世という小宇宙を旅する騎士たち
  • 歴史を伝えるドイツの古城
  • ドイツ中世への旅
  • 群集が動き出すとき—サハラ大行進の歴史的暗示
  • 中世ハンブルクのビール醸造業と職人
  • 親の職業・子の職業—職人の社会史
  • 遍歴職人と石工たち〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ