現代アラブの社会思想 : 終末論とイスラーム主義

書誌事項

現代アラブの社会思想 : 終末論とイスラーム主義

池内恵著

(講談社現代新書, 1588)

講談社, 2002.1

タイトル読み

ゲンダイ アラブ ノ シャカイ シソウ : シュウマツロン ト イスラーム シュギ

大学図書館所蔵 件 / 281

注記

参考文献: p245-251

内容説明・目次

内容説明

なぜ今、終末論なのか。なぜ「イスラームが解決」なのか。学術書からヒットソングまで渉猟し、苦難の歴史を見直しながら描く「アラブ世界」の現在。

目次

  • 序 アラブ社会の現在(狭まる世界認識;悪化する世相)
  • 第1部 アラブの苦境(「一九六七」の衝撃—社会思想の分極化;「人民闘争」論の隆盛;パレスチナへの視線 ほか)
  • 第2部 高まる終末意識(終末論の流行;セム的一神教と終末論;『コーラン』の終末論 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ