書誌事項

バブルの発生とその背景構造

村松岐夫, 奥野正寛編

(平成バブルの研究 / 村松岐夫, 奥野正寛編, 上 ; 形成編)

東洋経済新報社, 2002.3

タイトル読み

バブル ノ ハッセイ ト ソノ ハイケイ コウゾウ

大学図書館所蔵 件 / 283

注記

参考文献: 章末

内容説明・目次

内容説明

過去20年、日本が経験した急激な資産価格の上昇・下降、それに続く経済停滞が突きつける変身への課題と方策。気鋭の経済・政治学者20人による「敗因」徹底分析。

目次

  • 3つの視点と21のなぜ
  • 第1部 20年間の金融と「体制」(バブル経済とその破綻処理—「1975年体制」の視点から;1980年代後半の資産価格バブル発生と90年代の不況の原因—金融システムの機能不全の観点から;バブル経済と日本銀行の独立性)
  • 第2部 バブルとは何か(バブルとは何か—理論的整理;日本の貯蓄超過と「バブル」の発生;日本のバブルとマスメディア)
  • 第3部 銀行・国債・土地価格(1980年代の銀行経営—戦略・組織・ガバナンス;バブル形成・崩壊期の国債発行;土地バブル—原因と時代背景)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ