痛みの治療 : 頭痛、腰痛からがんの痛みまで

書誌事項

痛みの治療 : 頭痛、腰痛からがんの痛みまで

後藤文夫著

(中公新書, 1632)

中央公論新社, 2002.3

タイトル読み

イタミ ノ チリョウ : ズツウ ヨウツウ カラ ガン ノ イタミ マデ

大学図書館所蔵 件 / 302

注記

参考図書・論文: p198-202

用語辞典: p204-216

内容説明・目次

内容説明

痛みはからだの異常を知らせる大事なシグナルである。だが、これまでは「少しぐらい痛くても治療のためには我慢が当然」「痛いと訴えるのは大人げない」とされ、痛みを和らげるための治療は軽視されてきた。しかし、痛みの治療は、苦痛を癒すだけでなく、病気の治癒を早めることも証明されている。ペインクリニックの第一人者が、頭痛・腰痛などからだの各部の痛みから、帯状疱疹やがんの痛みまで、治療法をやさしく解説する。

目次

  • 第1部 なぜ痛むのか—痛みのしくみと鎮痛剤の開発史(痛みとは;消炎鎮痛剤とモルヒネの開発史)
  • 第2部 からだの痛み—頭から足先まで(頭痛;顔の痛み、歯の痛み;顔の「けいれん」と「麻痺」 ほか)
  • 第3部 帯状疱疹とがんの痛み(帯状疱疹の痛み;がんの痛み;心と慢性の痛み)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA56169054
  • ISBN
    • 4121016327
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 216p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ