日本文化の模倣と創造 : オリジナリティとは何か

書誌事項

日本文化の模倣と創造 : オリジナリティとは何か

山田奨治著

(角川選書, 341)

角川書店, 2002.6

タイトル読み

ニホン ブンカ ノ モホウ ト ソウゾウ : オリジナリティ トワ ナニ カ

大学図書館所蔵 件 / 285

注記

参考文献: p217-225

内容説明・目次

内容説明

著作権をはじめとして、現代の私たちは「独創(オリジナル)にこそ価値があり、模倣(コピー)は許されない」という価値観に縛られている。しかし伝統文化を振り返れば、個性豊かな表現は先達の芸や作品を模倣することから生まれてきた。西洋美術、浮世絵、写真、連歌、インターネット、マンガ・アニメなどを題材に、近代的な価値観にすぎない「独創」神話の矛盾を解き明かし、模倣を楽しむ「再創文化」の意義を問い直す。

目次

  • 第1部 模倣と創造—オリジナリティとは何か(似ているとはどういうことか;ものまねの美術;写真の神話)
  • 第2部 著作権は何を守っているのか—著作権制度の光と影(著作権の狂想曲;コピーと国のかたち)
  • 第3部 日本文化と再創主義のすすめ(つながりの歌;デジタル社会のジャポニスム;クリエーションからレクリエーションへ)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ