日本文化論 : 美意識と歴史的風景

書誌事項

日本文化論 : 美意識と歴史的風景

奈良本辰也著

(角川選書, 342)

角川書店, 2002.9

タイトル別名

日本文化論 : 美意識と歴史的風景

タイトル読み

ニホン ブンカロン : ビイシキ ト レキシテキ フウケイ

大学図書館所蔵 件 / 159

注記

出典一覧: p310

内容説明・目次

内容説明

日本に固有の文学が生まれたのは、都が京都へ遷されてから後のことである。そして、国風文化を自覚させ、詩情を育む土壌となったのは、穏やかではあるが千変万化する繊細な京の風光であった。しかし、その根底に流れていたものは何だったのか—。平安から幕末に至る京都周辺の歴史と風景から、日本人の美意識の変化やその内奥に迫る、著者自選による唯一の“日本文化論”。

目次

  • 青の章 日本人の美意識(大津の庭;禅と庭 ほか)
  • 朱の章 歴史と風景(草庵の孤独と風雅;太平の世の処し方 ほか)
  • 白の章 日本人の内奥(神話と水のロマン—平安奠都以前;柳並木がうるわしい都大路・平安京 ほか)
  • 玄の章 近代への志・時代の楽天性と滅びの美学(幕末と現代—高杉晋作をきっかけにして考える;混迷の時代をひらく楽天主義 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA58639261
  • ISBN
    • 4047033421
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    310p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ